【cafe RawLife】藤野に移転オープンした穴場カフェ。開放的な店内とこだわり無水トマトカレーがオススメ!

カレー カフェ・喫茶

cafe RawLife カフェ・ロウライフ

2021年7月22日南区藤野通エリアに移転オープン!

住宅街に佇むやすらぎの癒し系カフェ

久しぶりにふたり揃っての2連休だったので、気晴らしにちょっと遠出のサイクリングをした日。

藤野エリアは穴場カフェが多く、行きたいお店をいくつかピックアップしていたのですが、その中でも特に気になっていた『cafe RawLife』にお邪魔してきました…!

スポンサーリンク

生まれも育ちも札幌の20代夫婦が

「雑誌感覚で読める札幌のグルメ記事」を書いています。

SNSでも発信していますのでぜひフォローお願いします !

※ 記事内の価格表示は、断りがない限り執筆時点での「税込金額」です。

【お店の特徴】

お店の特徴
  • 国道を外れた藤野通の住宅街に佇む穴場カフェ。
  • 開放的な店内でインテリアや植物に癒されるくつろぎ空間。
  • ランチは約1000円でメインメニューにグリル野菜・デザート・ドリンクがついてコスパ◎
  • 提供メニューの端々にこだわりを感じるポイントあり。
  • 定山渓方面へのドライブ途中の休憩ポイントに最適。
スポンサーリンク

【お店の紹介〜場所や外観・内観など】

ミニ大通り(北4西13)から南区藤野通りエリアに、2021年7月22日移転オープンしたばかりのカフェ。

公共交通機関でアクセスする場合は、地下鉄南北線真駒内駅で下車後、じょうてつバスで藤野5条7丁目で降りて徒歩2分。

注意点としては、真駒内駅から定山渓行・豊滝行のバスがいくつか出ていますが、『藤野4条11丁目経由』でないと上記停留所に停車しません。

もし、それ以外のバスに乗った場合は、結構な距離歩くことになるのでご注意を。

地元民ならお分かりいただけると思いますが、この辺りは南陵高校やFu’sスノーエリアがある以外は基本的に住宅街なんですよね。

ただ、定山渓方面にドライブやサイクリングに行く方が通ることの多い道なので、休憩ポイントとして重宝しそう。

一軒家風の店内は、広々とした開放的な空間で、一人用の席やテーブル席が全て窓側に配置されていました。

太陽の光や風が心地よく入ってきて、藤野の自然を感じられるやすらぎの空間でした。

眠くなるくらい居心地が良い…!

【メニュー】

*価格表示は執筆時点での「税込金額」です。

代表的なメニュー価格(*
フード(ドリンク付き)
 焼きチーズカレー(グリル野菜、ヨーグルト付き)1,100円
 豆乳チーズリゾット(グリル野菜付き)1,000円
 昔なつかしナポリタン(グリル野菜、フォカッチャ付き)1,000円
 カルボナーラ(グリル野菜、フォカッチャ付き)1,000円
スイーツセット
 ガトーショコラ850円
 マヤナッツシフォンケーキ850円
ドリンク
 ブレンド500円〜
 水出しコーヒー650円
 ほうじ茶コーヒー600円
 カフェオレ600円〜
 その他ドリンク500円〜

食事メニューは、かなりシンプル。

ドリンクメニューは、コーヒーメニューの他に

紅茶、自家製のジュース、竹炭ラテなどの変わり種もある。

私たち
私たち

ランチタイムはグリル野菜とドリンク(ルイボスティー or オレンジジュース or 水出しコーヒー(+¥200)

)がセット。

さらにメニューによってはヨーグルトやフォカッチャがセットでお得感あり。

【実食レポート】

私たちがオーダーしたもの
  • 『焼きチーズカレー(グリル野菜・ヨーグルト付き)』(¥1,100)(夫・妻)
  • サービスドリンク(ランチタイムのみ)『水出しコーヒー』(¥200)(夫)、『オレンジジュース』(¥0)(妻)

10分ほどで、オーダーしていたカレーが到着…!

トマトの酸味の匂いと、たっぷりチーズがかかったカレーの見た目が食欲をそそります…!

スプーンで一口分すくうと、チーズとカレーで閉じ込められたあつあつの湯気が…!

凝縮されたトマトの酸味とビーフの味わいがミートソースに近い印象を受けました。

食べ進めるとカレーのスパイシーな味わいも感じられて、完全にハマった…!

このカレー、美味い…!

カレーを覆い被すほどのたっぷりチーズは、あっさり風味でカレーの味わいを一切邪魔せず相性抜群…!

このカレーには、濃厚チーズよりもこういう優しい風味のチーズが合うね。

グラタン皿で提供されるので、最初から最後までアツアツで食べられるのも◎

猫舌な妻は、ハフハフ言いながら食べていましたが…笑

ライスは、古代米なのかな…?

こういうこだわりポイントも嬉しい…!

サラダが意外とボリューミーで嬉しい…!

グリルのひと手間にこだわりを感じる。

ドレッシングは、紫キャベツと玉ねぎ、そして貴重な「玉姫酢」で作られたという自家製の固形ドレッシング。

彩り映える固形ドレッシング、グリル野菜に添えながら頂くとのこと。

妻は『このドレッシング美味しすぎる…!』とかなり感動していました。

ドレッシングだけで頂いてもよいくらい、すっきりナチュラルな味。

ちなみに使用されている玉姫酢は、人気すぎて入手困難が続き、『幻の酢』と言われていたようです。

噂によると、現在は販売を中止しており、正真正銘『幻の酢』になってしまったとか…。

焼きチーズカレーにはヨーグルトもついてきます。

ブルーベリーソースが優しい甘さです。

食後にドリンクを頂きました。

夫は水出しコーヒー(+¥200)、妻はオレンジジュースを頂いて、ゆったり過ごしていました。

今回はランチ時にお邪魔しましたが、珈琲やハーブティ・自家製ジンジャエールなど、ドリンクメニューがかなり充実している印象があったので、ちょっとした休憩用途でも重宝するカフェだと思います。

帰り際に店主さんが明るく気さくに話しかけてくれて、とても嬉しかった…!

静かで居心地がよく、また癒されに来たくなるような素敵なカフェでした。

【店舗情報まとめ】

※ 営業時間等は、変更となっている場合がありますので、正確な情報は店舗ホームページ等でご確認ください。

店名

 Cafe RawLife カフェロウライフ

住所

 北海道札幌市南区藤野5条6丁目13-10

 地下鉄南北線真駒内駅からじょうてつバス「豊滝行」(藤野4条11丁目経由)に乗り、藤野5条7丁目下車徒歩2分

営業時間

 11:00~22:00

定休日

 火曜日

 ※月1回不定休、SNSで告知

駐車場

 あり(3台)

座席

 16席(カウンター、テーブル)

支払方法

 現金

グルメサイトリンク

 ※執筆時点クーポンなし

テイクアウト

 不明

デリバリー

 なし

お店SNS等

 


SNSでも発信中!

コメント

タイトルとURLをコピーしました